田中彩子

コロラトゥーラ ソプラノ

経歴

18歳で単身ウィーンに留学。 わずか4年後の22歳のとき、スイスベルン州立歌劇場にて『フィガロの結婚』のソリスト·デビューを飾る。

同劇場日本人初、且つ最年少での歌劇場デビューで大きな話題を集め、6ヶ月というロングラン公演を代役なしでやり遂げる。

翌年、 国際ベルヴェデーレ·オペラ·オペレッタ·コンクールにてオーストリア代表として本選出場を果たす。

ウィーン·フォルクスオーパー歌劇場のオペラ『ホフマン物語』オリンピア役のカバーを務めたことを皮切りに、オーストリア政府公認スポンサー公演モーツァルト『魔笛』の“夜の女王"役で2012年から3年間に渡って出演。

 

2013年、南米プエノス·アイレスで行われたコンサート·ツアーでは、「高音は信じられないほど正確、それにもかかわらず響きは柔らで、まさに天使のよう」と絶賛され、その年のベスト·イベントに選ばれる。

音楽史上最高音が用いられることで有名なモーツァルトのコンサート·アリア「テッサリアの民よ」をジュネーヴで歌った 際は、

名歌手エッダ·モーザに「人生の中でそう聞けることのない素晴らしい声」と賞賛された。

 

2014/2015年、オルフ『カルミナ・ブラーナ』のソリストとして、ウィーン2大コンサートホールの1つウィーン·コンツェルトハウスにて大成功を収め、ロンドン·ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団との定期コンサートでイギリスデビューを果たす。

 

作曲家エステバン·ベンセクリが彼女の声にインスピレーションを受け作曲した「コロラトゥーラソプラノとオーケストラの為の5つのサークルソング」を、南米最高峰コンサートホールCCKでの国立アルゼンチン交響楽団とのシーズン開幕コンサートにて世界初演。

これにより、アルゼンチン最優秀初演賞を受賞。

 

日仏友好160年にパリを中心にフランス全土で開催された日本文化·芸術の祭典「ジャポニスム2018」の公式イベントとして、ルーブル美術館敷地内カルーセル·ド·ルーブルにてリサイタルコンサートを開催した。

日本でも2014年のデビューアルバムリリース以降、毎年全国でのリサイタルツアーや、東京交響楽団等主要オーケストラの定期演奏会への出演などの演奏活動を重ねている。 「題名のない音楽会」や「情熱大陸」「白の美術館」などのメディア出演も多数。

 

UNESCOやオーストリア政府の後援によりウィーンで開催されている、青少年演奏者支援を目的としたSCL国際青少年音楽祭に2018年より出演。アルゼンチン政府が支援し、様々な人種や家庭環境で育った青少年に音楽を通して教育を施す目的で設立されたアルゼンチン国立青少年オーケストラとも共演するなど、社会貢献活動にも携わっている。

 

2019年 Newsweek誌 「世界が尊敬する日本人100」 に選ばれる。

《SDGs x 芸術》をテーマに活動する法人、

Japan Association for Music Education Program /代表理事

www.japanmep.com

京都府出身、ウィーン在住。

 

  • Facebookの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Spotifyは - ブラックサークル
  • white Apple Music Icon

AYAKO TANAKA © 2020.All Rights Reserved.